7)

形が整ったところで、ガイドとして引いていた線を消す。
消しゴムよりも練りゴムが使い易い。
陰の部分に先に色を加えて行く。