3.

左側もレイアウトして行く。